HOME ≫ OB・OGメッセージ ≫ 建築パース レンダラー 高山 奈穂さん
OB・OGメッセージ

ピーアンドエル
建築パース レンダラー

高山 奈穂さん

インテリアデザイン学科卒業

福岡県 折尾高校出身

Profile

ピーアンドエルは、手描きパースを専門としている事務所。住宅やアミューズメント施設のパースから、街の開発の企画やアイデアを伝えるパースを手描きで起こしている。イラストを描くのが好きなことと家具などのモノ作りに興味を持つ高山さんにとって現在の仕事はとても自分に合っているそう。

先生に自分の得意分野を見いだしてもらい道が開けました

家具に興味がありモノを作る仕事に就きたいと思ったのがきっかけで、KDGのインテリアデザイン学科に入学を決めました。イラストを描くことが好きで、作品作りにも積極的に取り組みました。先生に「パースを描くこともできるんじゃないか」と現在の会社にインターンシップの機会を設けていただき、それがきっかけで入社することができました。ピーアンドエルは、福岡でも珍しい手描きでパースを起こす事務所です。やはり、人の動きや表情も細かに起こすことができるので、パースからその場所の雰囲気や空気感が伝わることが魅力です。私も、早く人物をうまく描けるように技術を磨いていきたいです。

あらゆる角度からモノ作りを想像する意識を身につけることができました

在学中は、幼稚園に寄贈するためのイスを作ったり、地域イベントの灯籠まつりなどに参加する機会があり、自分が良し!と思ってイメージしたものが相手の立場になると至らないことも見えてきて、いろいろな角度からモノ作りに対して想像する大切さを学びました。2年間を充実したものにするには、学ぶことに対して受け身にならないことが大切です。何でも楽しめるように意識すると技術も自然と身につくと思います。

切磋琢磨し合ったクラスメイトはずっと私の宝です

KDGでは、クラスメイトに恵まれみんなが頑張っていたので私もそれに引っ張られて、刺激をたくさんもらいました。同じ志を持ち切磋琢磨し合った仲間は宝ものですね。好きなことを思いっきりできた学校の環境に感謝しています。

OB・OGメッセージ